はじめての車売却体験

はじめての車売却体験

私が車を売却したのは3年前の4月です。
車両はトヨタのチェイサー。大学を卒業し仕事を初め、一年間で貯めた貯金をもとに購入した中古社でした。
購入当時の走行距離は約11万キロで、購入時にライト、オイル、ベルト関係を交換しました。また、購入してすぐに、マフラーとカーナビを取り付けました。

仕事でマイカーを使用するときや、週末出かける際に乗る程度で、走行距離は年間約1万キロ。
2年弱経った頃、引っ越しすることが決まり売却しました。

売却当時の走行距離は13万キロ。丈夫なトヨタ車とはいえ、通常であれば値段のつかない状態です。
私は自ら中古社販売店、買取店をまわって査定をお願いしました。

その結果、有名店Aで11万円、有名店Bでは1万円と査定されました。Aでは、「今月中ならいつでもこの値段でいいからね」と優しい言葉を頂いたのですが、Bでは、「この車は普通値段がつかない。本日決めるなら特別に1万円」と、とてもしつこい勧誘をされました。
3軒目にスポーツカー専門店に伺いました。Aで出た11万円を伝え、「15万円なら即決」という話で査定をお願いしました。交渉の結果、13万円で買取してもらうことが出来ました。

大切な愛車ですので、買取の際も納得が行くまで査定をお願いしました。その結果、予想以上の価格で買取してもらうことが出来、満足しています。この経験で、一言で買取業者といっても様々なのだと痛感しました。