車を買取りで現金化

車を買取りで現金化

発売直後に購入した、初代ステップワゴン。それまでの国産車にないスタイルのミニバンで話題性に富んだ車でした。コラムシフトで足元をスッキリさせ、3列シートを折り畳むことで、荷物スペースも大きく取れ、発売から半年経っても、最低2ヶ月は待たされる人気車でした。

ステップワゴンを手にしてから、3ヶ月も経たない内に、私はレトロ感満載のイギリス車である、ミニクーパーに乗り換えたくなったのです。
当時、ローバーのディーラーで、ステップワゴンを下取りに入れての見積りを取ろうと思っていたのですが、ステップワゴンの市場情報がない、オークション情報もない状態で、適切な下取り金額が出せないと言われてしまいました。

ディーラーの担当者の提案は、アップルやガリバーのような買取り店で査定してもらったどうだろうかとのことでした。私は、毎日の通勤路にあるアップルで査定してもらうことにしました。

アップルでも、やはり市場の情報がなく、査定は難しい状態でしたが、まだ新車の注文から2ヶ月以上待たされる人気車であり、走行距離も2,000kmにも達してうないこと等から、中古車であっても、高額で売れると読んだのでしょう。新車購入時とほぼ同額の査定金額を出してくれたのです。しかも、次の車が納車されるまでの代車付でした。但し、この場で即決したらの条件付きでした。条件的には、十分満足いくものでしたので、一旦自宅へ戻り、印鑑などを持って再度入店し、買取りをお願いしたのです。

買取り金額は、ミニクーパーの購入金額とほぼ同額でしたので、本当に良い買い物が出来ました。
市場の情報も無い中、買取り査定金額を出すのは難しかったと思いますが、思い切った判断をしてくれた、当時のアップルの店長さんに感謝です。